NPO法人 日本似顔絵アーティスト協会

競技ルール


JAPAN GRANDPRIX 2017 で行われる競技は下記のとおりです。

 


1. 自由制作によるコンペティション

2. ライブスケッチトーナメント

3. スタジオピース(事前制作作品)


 

各競技についての詳細です。

1. 自由制作によるコンペティション

会期中、会場内にいる競技者同士がモデルとなり、会期中に制作された作品を自分の壁に飾り、
それらを最終日に展示をし、競技者同士で投票を行い順位を決します。

DSC_0238

モデルは、自由にお選び下さい。
作画に関しては、対面で描いてもOK。
撮影をしてご自身のスペースで制作しても、OKです。

画材に関してましても、基本自由です。
ただし、おひとりに割り当てられるスペース(現在サイズ未定)に収まるサイズでの制作をお願いします。

描く枚数も、基本自由です。
大きく1枚でも、2枚でもOK。
小さくたくさん描いて頂いてもOK。
大きいのや小さいのを織り交ぜてもOKです。

【制作時間】21日14:00~23日10:00

【使用可能な画材について】基本的に自由ですが、室内なのできつい匂い発するもの(油絵の具、テレピン油、シンナー臭の強い塗料やスプレーなど)の使用は原則、禁止とさせて頂きます。今回は床に養生シートを貼りませんので、床等を汚す可能性のある画材を使用する場合は、必ずご自身でシートなどをご用意いただき予防対策をお願いします。
※パステルや鉛筆等を画面に定着させるスプレーを絵にかける作業をする場合は、屋外でお願いします。

【展示スペース】高さ180センチ×横幅約45センチ

 

2. ライブスケッチトーナメント 

大会イコール「スタジオ作品」という印象がありますが、私たちの多くは「ライブスケッチ(席描き)」を仕事の主としています。

「スタジオ作品」と同等に、「ライブスケッチ(席描き)」を重要視すべきと考え、
『ライブスケッチ(席描き)トーナメント』を行います。

参加を事前に申し受け、抽選を行います。

1~2回戦を白黒10分の席描きで行い、
決勝戦をカラーを加えた15分1本勝負で行います。
トーナメント

画材は自由ですが、ペンやマーカーを推奨します。
※通常サイズの色紙、またはA4サイズの白い紙を各自ご用意ください。
画板などは各自参加者の皆様でご用意をお願いします。

※ライブスケッチトーナメントは、定員に達したため、参加者の申込を締め切りました。
大会参加お申し込み時に、ご参加希望の方は忘れずに
ライブスケッチ参加希望にチェックをお願いします。
ご理解とご協力の程、宜しくお願い致します。

 

3. スタジオピース(事前制作作品)

今回新設された、部門です。
事前に制作した作品を大会当日にご持参いただき、その中の作品から投票し、賞を決めます。
ルールは、下記の通りです。

■対象となるモデルは「日本の著名人」
日本人で、名の知られている方(芸能人、作家、アーティストなど)でしたら、どなたでも構いません。

■一人様につき、1作品のみ(アーティスト参加の方に限る)
今大会に参加されていない方の応募は受けつけておりません。

■サイズはA4のみ
縦位置・横位置、どちらでも構いません。
プリントアウトしたものや、原画のコピーが望ましいですが、原画でも受付いたします。
※原画は後ほどお返しいたします。また取り扱いには十分注意いたしますが、万が一の責任は当協会では負うことができませんので、あらかじめご了承ください。

■未発表作品のみ

■提出方法と締め切り
ご持参いただき、初日に受付へご提出ください。
(提出期限は、2日目の午前中までとさせていただきます)


One thought on “競技ルール

  1. Pingback: スタジオピースをお忘れなく! | ぜんごブログ